田舎生活研究所

京都・綾部への移住・定住・起業、応援します!

お知らせ

リトルあやべ vol.5 京の働き方BAR

▼▼△ 京の働き方BAR~アントレプレナーシップのある京都人から学ぶ~△△▼

▼▼△ 京の働き方BAR~アントレプレナーシップについて考える△△▼
 
綾部市への移住定住を目的として、昨年立ち上がった「田舎生活研究所」は、京都ペレット町家ヒノコ2階にて相談窓口を開設しました。
移住定住のご相談はもちろん、レジャー、体験イベント、ツアー、起業、シェアオフィスのご紹介まで、様々な切り口で田舎の暮らし方をご案内いたします。
 
また、定期的に田舎生活×木育をテーマにしたイベントを開催しています。
様々なフィールドで活躍するゲストと共に肩肘張らず語り合い、綾部での取り組みにつなげていきます。
 
今回は、”町づくりにおけるアントレプレナーシップの必要性について考える”をテーマに以下2名のゲストをお迎えします。ぜひ遊びにいらして下さい。
 
 
—————————————————————
 
【日時】 2018年11月16日(金) 19:00-21:00(18:30受付開始)
※18:30~田舎生活研究所・京都窓口がある、京都ペレット町家ヒノコの
プチツアーを行います。ペレットストーブや木の雑貨に興味のある方は必見です!
 
【場所】京都ペレット町家ヒノコ2階
(地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩3分、寺町二条下ル)
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html
 
【参加費】2,000円(ワンドリンク・おつまみ付き)
※おつまみを1品お持ち寄り頂いた方は1000円引きさせて頂きます。
※綾部の地酒、梅酒、栃の実が入った焼酎、ビールなどドリンクは別途料金
 
【ゲスト】
〇田村 篤史氏
京都移住計画代表 兼 求人担当
情報誌「水の源」より
 
〇原田 紀久子氏  
アントレプレナーシップ開発センター 理事長
 
アントレプレナーシップ開発センターより
 
 
働き方改革、社会保険制度の変革、女性の社会進出…
社会が大きく変わろうとしている今、自らの生き方、働き方を
模索する人を応援する、頼もしいお二人にお話を伺います。
 
京都移住計画の田村さんは「生きたい場所で生きる人の旗印へ」
をコンセプトに移住という選択肢を提案されています。
長岡京市出身で、東京で就職され働く中で、リーマンショックや
東日本大震災などを経て、2012年にUターンされ「京都移住計画」
をスタート。考え方やファンは全国へ広がり、株式会社ツナグムも設立し、起業、・キャリア支援、町家や商店街の活性化などの事業をされています。
 
アントレプレナーシップ開発センターの原田さんは、起業家教育を
小学校から社会人まで、京都府下の様々な地域で展開されています。
亀岡市出身で、英語講師、スタンフォード日本センターを経て、
起業家精神(アントレプレナーシップ)に溢れた若者の育成と社会
環境の実現を目指して、産官学が連携した教育活動をされています。
 
 
若者の自己実現・自立支援、地域資源を使った商品開発などの学びの場の提供は、社会のイノベーション(革新)につながるはずです。
 
地域の仕事づくり、移住について、起業家教育について、今の時代を生きる、働き方のヒントなど、共に学び、考えたいと思います。
皆さまのご参加をお待ちしています!
 
 
【お申込・お問合せ】
田舎生活研究所 京都窓口 京都ペレット町家ヒノコ内
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023
※お申込は、お名前、当日連絡の取れるお電話番号をお知らせ下さい。
※【締め切り】11月9日まで
※当日参加大歓迎!!(出来るだけ事前にご予約頂けますと幸いです)
 
■田舎生活研究所で「littleあやべ」を一緒に作りませんか?■
田舎生活研究所は、綾部への定住促進と木育の普及を目的に活動しています。
今回のイベントは、綾部というフィールドから田舎生活のモデルを作るため
「littleあやべ」と題して、様々な交流から発見を生み出していく場です。
 
●今後の予定●
12月14日(金)  和束BAR~シェアハウス・空き家バンク・地ビール、地域資源を活かした暮らし、起業を学ぶ~
ゲスト:京都ビアラボ 村岸秀和さん
 
1月11日(金) 綾部で働くBAR~やり方次第で田舎にだって人は来る~
ゲスト:里山ゲストハウスクチュール 工忠照幸・衣里子ご夫妻
 
2月8日(金) 田舎コミュニティーBAR~綾部市のコミュニティーナースという挑戦~
ゲスト:綾部市 コミュニティーナース
 
○里山ねっと・あやべと共催
12月1日 (土)薪ボイラーお披露目会×映画「おだやかな革命」上映
ゲスト: 株式会社sonraku 井筒耕平氏
https://ayabesatoyama.net/info/notice/20181201odayakana
 
○晩秋の綾部で古民家×生け花体験ツアー第4 弾
11月18日(日)11:00-16:00
嵯峨御流の生け花体験、古民家暮らし体験、移住相談会
詳しくはこちら→https://bit.ly/2ypfOoc
 
○綾部・田舎暮らし体験ツアー第5 弾
12月2日(日)11:00-16:00 
綾部市の「働くところ、住むところ」を探すためのツアーです。
参加費:3000 円
※詳しくは後日、Facebookページにて公開予定!
 
※このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。
 

12/1映画「おだやかな革命」自主上映会&井筒耕平さん来綾!!

2018年12月1日(土)
森の京都サステイナビリティ・ミュージアム
―映画「おだやかな革命」自主上映会
―井筒耕平さん(株式会社sonraku 代表)講演会
―自然エネルギーに関する展示

2018/12/1に京都府綾部にある「里山ねっと・あやべ」にて

「おだやかな革命」の上映会と西粟倉村にて起業された井筒耕平さんを

お迎えして講演会を行います!

しかも、北部を中心に自然エネルギーに取り組まれている企業や団体も

ご出展頂きます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

生まれ故郷の綾部のことを僕は「人生探求都市」と呼んでいます。大好きな綾部ですが、1つ足りないものがある。それは自然エネルギーへの取り組みではないかと思います。これを怠るまちの未来は、危うい。そんな危機感も持っています。自然エネルギーへの真剣な取り組みが「選ばれるまち」の大きな指標となる時代がきています。この映画の上映が種となり、自然エネルギーへの関心と取り組みが綾部近辺で芽生え、深まることを願っています。
―――――塩見直紀(半農半X研究所代表・田舎生活研究所副代表)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【制作・配給……有限責任事業組合 いでは堂 2017年 100分】

おだやかな革命ちらし

(↑画像をクリックで詳細PDFを表示)

2018年12月1日(土)実施

綾部市里山交流研修センター「森もりホール」にて。

◆ 映画「おだやかな革命」(「よみがえりのレシピ」の渡辺智史監督)上映
◆ 井筒耕平さん(株式会社sonraku 代表・岡山県西粟倉村「元湯」経営)講演
◆ 移動式薪ボイラー実演と足湯体験・「パティシエ・ノリ」の軽食販売
◆ 太陽光・風力・小水力・木質資源などに関する展示や体験

ドキュメンタリー映画「おだやかな革命」(渡辺智史監督)では福島での太陽光発電、秋田での風力発電、岐阜・石徹白での小水力発電、そして岡山・西粟倉での木質バイオマス利用が描かれます。

出演されている井筒耕平さんは西粟倉の温泉「元湯」で薪ボイラーを活用、地域通貨も用いた間伐材購入を通じて森林再生や地域再生にもつなげておられます。

映画上映や展示とともに井筒さんのお話をうかがいます。


【会場】
綾部市里山交流研修センター「森もりホール」(綾部市鍛治屋町茅倉9)

【参加費】
1人1,000円(高校生以上 ※映画と講演)中学生以下無料

【申込】
里山ねっと・あやべ事務局あてに事前申込必要

※定員80名(第1回上映・第2回上映の合計)に達し次第、締め切ります。

※一定期間、受付をしたあと、第1回上映ないし第2回上映のどちらかの人数が目立って多い場合は、駐車場の限界もございますので、それ以降の受付にさいして人数が少ない方の回でお願いをさせていただく可能性がございますのであらかじめご了解ください。

【時間割】
10:00~ 展示販売(自然エネルギーの展示・移動式薪ボイラーと足湯・ 薪ストーブクッキング・軽食販売など)※申込不要

10:30~ 映画「おだやかな革命」上映[第1回](~12:10)※第1回は幼児同伴OKの部 ※要申込

13:00~ 井筒さん講演「遠くの石油より近くの木を~
西粟倉での木質バイオマス実践と森林再生」※映画とあわせて要申込

14:00~ 映画「おだやかな革命」上映[第2回](~15:40)※要申込

16:00~ おだやかな茶話会(感想を語りあう自由参加の懇談)※申込不要

※【第1回上映+講演】または【講演+第2回上映】どちらかを選びお申し込み下さい。映画+講演でいずれも高校生以上1人1,000円。映画のみ・講演のみの場合も1,000円。映画を2回視聴は2,000円。展示販売は事前申込不要(無料のものと有料のものあり)。

※【第1回上映+講演】の場合、あいだに昼食時間が位置します。会場で軽食販売も予定していますが、数に限りがあるため、必要に応じて弁当などご持参ください。


【井筒耕平さん】
株式会社sonraku 代表。バイオマスの専門家として、西粟倉村でコンサルタントをするうちに村役場の熱心さに感銘を受け、2014年に移住。温泉施設への薪ボイラー導入や薪燃料の供給事業を行うなか、休業していた村の公営温泉「あわくら温泉元湯」の改修と経営も引き受けることに。森林資源のエネルギー利用をローカルで実践しながら、他の地域でも調査研究やアドバイスを行っている。(http://odayaka-kakumei.com/561/ より)

【岡山県西粟倉村】
人口1500人ほどの小さな村。この村は平成の大合併をせず、地域の森を再生することで、村の生き残りをかけることになった。森から出る6割の木材は、市場に流通すると赤字になることから、そこに目をつけて起業した株式会社sonrakuの井筒耕平さんは、地域の温泉施設や自らが運営するゲストハウスに、薪ボイラーを導入。それまで重油に1000万円かかっていた施設に村の木材が燃料として使われることになり、地域資源を有効活用するだけでなく、地域経済の活性につながった。この村ではヒノキを使った家具職人や、楽器製作者など様々な職能の持ち主が起業する姿がある。村をあげて、起業家を育てるローカルベンチャースクールも開講されている。人も森も丁寧に育むことを惜しまない村づくりに共感して、本当の豊かさに気づいた人々が年々移住している。 (「おだやかな革命」公式サイトより


(出展団体と内容)
■株式会社AYテクニカ……【薪ボイラー】
■有限会社イー・セレクト ……【小水力発電】
■エコライフ石川……【太陽光発電】【ペレットストーブ】
■関西広域小水力利用推進協議会……【小水力発電】
■株式会社丹波西山……【籾殻燃料モミガライト】※調整中
■火のあるくらし研究所……【薪ストーブクッキング】
■株式会社 出立木工所……【薪】
■京都府森林組合連合会……【間伐材を使った木あそび】
■有限会社原田商店……【綾部のカフェ パティシエ・ノリ】


【駐車場案内】
【A】綾部市里山交流研修センター校庭駐車場(20台)
【B】空山の里(鍜治屋簡易郵便局)前(10台)
【C】丹の国福祉会よこT字路東(30台。会場から約500m)
※駐車場に限りがありますので、極力乗り合わせにておいで下さい

【綾部市営「あやバス」西坂線】
■綾部駅南口→かじや(里山交流研修センター前)9:28→10:03/12:43→13:18/14:43→15:18/17:43→18:13
■かじや(里山交流研修センター前)→綾部駅南口 07:11→07:39/10:31→11:06/13:51→14:26/15:51→16:26
※乗車人数に限りあり


【共催】綾部里山交流大学田舎生活研究所

綾部里山交流大学(https://ayabesatoyamacollege.net)は、NPO法人里山ねっと・あやべを中心に、綾部市(観光交流課)、京都府中丹広域振興局、綾部市観光協会、京都大学大学院農学研究科・秋津元輝研究室、半農半X研究所の6団体が連携し、綾部市団体補助金を活用して行っている交流事業です。講座の予定はWEB参照。

田舎生活研究所(https://inaka-seikatsu.info)は有限会社原田商店と株式会社Hibanaが協働し、地域財産の発掘、暮らし方の可能性を通じて、未来の地方のライフスタイルを提案し、心豊かな暮らしを実現していくため設立。京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金「移住促進プログラム」を活用して活動しています。10/12「女の田舎暮らしBar」10/13「里山しごとcafe」11/16「京の働き方BAR」11/18「綾部の田舎体験ツアー」12/14「和束BAR」などを予定。詳細はWEB参照。

【連動プレ企画】事前学習会「岡山県西粟倉村を訪ねて」

2018年11月19日(月)19時~21時

【場所】綾部コワーキング新宮(綾部市新宮町6―1)

【参加費】500円

【定員】20人

【申込】里山ねっと・あやべ事務局あてに事前申し込み必要
申込みフォームはこちら

【内容】
(1) 映画「おだやかな革命」予告編……予告編を見て「おだやかな革命」の要点を概観します。
(2)西粟倉村訪問報告……「元湯」や「森の学校」のある西粟倉村を綾部里山交流大学と田舎生活研究所の事務局が訪問した模様と学びを報告します。

12/1の参加を申し込む
(11/19事前学習会については別ページからお申込み下さい)

映画「おだやかな革命」プレ企画 ~岡山県西粟倉村を訪ねて~

2018年11月19日(月)19時~21時

  

 

12/1「森の京都サステイナビリティ・ミュージアム」

(「おだやかな革命」上映・井筒耕平さん講演・自然エネルギー展示)

プレ企画を開催します♪

映画の予告編をみんなで鑑賞した後に、

12/1にお招きする井筒耕平さんが「元湯」を経営されている

岡山県西粟倉村について学びます。

【場所】綾部コワーキング新宮(綾部市新宮町6―1)

【参加費】500円

【定員】20人

【申込】里山ねっと・あやべ事務局あてに事前申し込み必要

【内容】
(1) 映画「おだやかな革命」予告編……予告編を見て「おだやかな革命」の要点を概観します。
(2)西粟倉村訪問報告……「元湯」や「森の学校」のある西粟倉村を綾部里山交流大学と田舎生活研究所の事務局が訪問した模様と学びを報告します。

【参考】
「森林とローカルベンチャーで蘇る村──若者の移住にわく西粟倉村の現在」(Yahoo!Japanニュース)

 

元湯
↑元湯
森の学校
↑森の学校

11/6に私達も西粟倉村へ勉強に行かせて頂き、11/19にご報告をさせて頂きます!
お楽しみに♪※このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。

11/18綾部・田舎暮らし体験ツアー第4 弾「いけばな嵯峨御流を体験する」

綾部・田舎暮らし体験ツアー第4 弾

京・綾部の古民家にて、
いけばなを通して自分と向き合う。
贅沢な秋のひととき。

綾部・田舎暮らし体験ツアー第4 弾。
今回は築百年以上の古民家へご案内。
いけばな「嵯峨御流」のすてきな先生方をお迎えし
生け花を通して自分と向き合う時間を教わります。
薪ストーブの暖かさに包まれた
静ひつなひとときを味わってみませんか?
新米おむすびと新鮮野菜を味わえるお昼ごはんと
移住についてのお話会も予定しています。

◆日時:2018 年11 月18 日(日)11:00 ~ 16:00
◆参加費:6,000 円(お稽古代、お花、昼食代含む)
◆定員:10 名
◆当日のスケジュール:
11:00 JR 綾部駅前「パティシエ・ノリ」集合
京都駅9:25 発、綾部駅10:31 着※特急はしだての場合
京都駅8:58 発、綾部駅10:50 着※普通電車の場合
12:00 古民家到着>>昼食
(献立) 新米おむすび、お味噌汁、季節の三菜、漬物、デザート
13:00 生け花お稽古
15:00 お話会
お茶を飲みながら、近所の方や移住者、綾部市職員、不動産関
係者を交えて、具体的な田舎暮らしのコツについての話をして
もらいます。
16:00 自由解散
同日、綾部市内最大の「綾部もみじまつり」が開催されます。
日没から行われる幻想的な紅葉のライトアップが見どころで
す。帰りに立ち寄るのもおすすめです。

◆講師のご紹介。

挿花花結び舎
-花を通じて人と花人と人とのご縁を結ぶ-

師と仰ぐ境将甫主宰の「嵯峨御流 華教室 蓮林」にて出会い意気投合。2018 年、いけばなユニット「挿花花結び舎」を結成。これまでお寺やカフェにていけこみを行ってきました。今後もいけこみやワークショップ等を開催予定です。
日本文化や華をいける豊かな時間をお伝えしていきます。

〇明甫(めいほ)さん
華道嵯峨御流師範
花名:暁照斎明甫
instagram:akiakiakipeppe
https://www.instagram.com/akiakiakipeppe/

〇和中希漣(わなかきれん)さん
華道嵯峨御流師範
花名:暁映斎希漣
instagram:kirem9
https://www.instagram.com/kirem9/

◆いけばな「嵯峨御流」とは。
平安の初めに嵯峨天皇が、大覚寺・大沢池の菊ガ島に咲く可憐な菊を手折り殿上の花瓶に挿されました。その花の姿が「天、地、人」三才の美しさを備えていたことに感動され「後世花を生くるものは宜しく之を以って範とすべし」と言われたことが、いけばな嵯峨御流の始まりだと伝えられています。嵯峨天皇の自然や草木に対する慈しみの心が、嵯峨御流の礎になっています。

◆古民家×いけばな。
田舎生活研究所では京都・綾部での田舎暮らしをよりリアルに体感いただくために様々なツアーを企画してきました。今回は古民家の魅力を深く味わっていただくため、いけばな「嵯峨御流」の挿花花結び舎さんを講師にお招きします。
お二人にとって生け花とは、植物との対話。心を落ち着かせて植物の声を聴くことで、毎回あらたな気づきが与えられると言います。綾部の山野草や枝葉を織り込み、あわただしい日常から離れた場所で植物と向き合う、いつしか自分自身と対峙する時間となっていくはず。生け花経験に関係なく、そんなひとときを体験していただけるようお二人の先生がナビゲートしてくれます。
古民家改修時に大切に集められた古物を花器として使用予定です。器と草花を調和させるコツをぜひ掴んでいってください。

◆お昼ごはんもおたのしみに。
昼食には新米おむすびと、季節の一汁三菜を予定しています。綾部の水源の里が育むお米は「京のプレミアム米コンテスト」で最高金賞を受賞するほどのおいしさ!お腹を空かせてお越しくださいね。
只今、綾部では「綾部むすび」というおむすびプロジェクトを始動中。
詳しくはこちら>>www.ayabekankou.net/restaurant/ayabemusubi.html

◆お申込み・お問合せ
田舎生活研究所京都窓口
〒604-0931 京都市中京区寺町二条下ル榎木町98-7
TEL:075-241-6038
Mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com

◆田舎生活研究所、これからの予定。
●12/1(土) 映画「おだやかな革命」自主上映会
特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべ
自然エネルギーをテーマにした映画上映と講演会を開催します。
参加費:1000 円
お申込・お問合せ:里山ねっとあやべ0773-47-0040
contact@satoyama.or.jp
詳しくはこちら→
https://ayabesatoyama.net/activity/calender/20181119nishiawakura

●12/2(日) 綾部・田舎暮らし体験ツアー第5 弾
綾部移住を具体的に考える方を対象にした「働くところ、住むところ」を探すためのツアーです。田舎暮らしのプロが手取り足取り、知りたいことのすべてをお伝えします!
参加費:3000 円
お申込・お問合せ:田舎生活研究所京都窓口(表面下部に記載)

◆田舎生活研究所
昔ながらの町並みと雄大な自然が調和する京都府綾部市。京都市内からのアクセスの良さと、行政の充実したサポートのため、定住実績は全国第3 位を誇ります。田舎生活研究所は綾部への移住をお手伝いするための窓口です。物件や起業の案内から暮らし方の細かなことまで、お気軽にご相談ください。

※このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。

————————————–*
田舎生活研究所 京都窓口
株式会社Hibana/京都ペレット町家ヒノコ

〒604-0931
京都市中京区寺町通二条下ル榎木町98番地7
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023

田舎生活研究所
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
URL:https://inaka-seikatsu.info/
instagram:https://www.instagram.com/inakaseikatsu.ayabe/
FB:https://www.facebook.com/inakaseikatsu.ayabe/?ref=br_rs

京都ペレット町家ヒノコ
mail:kyoto-pellet@hibana.co.jp
URL:http://hibana.co.jp/kyoto-pellet
brog:http://ameblo.jp/hibana-hinoko/
*—————————————

リトルあやべ vol.4-2 里山しごとcafe~里山暮らしの魅力~

▼△「 10/13(土)里山しごとcafe~里山暮らしの魅力~」△▼

綾部市への移住定住を目的として、昨年立ち上がった「田舎生活研究所」は、京都ペレット町家ヒノコ2階にて相談窓口を開設しました。

移住定住のご相談はもちろん、レジャー、体験イベント、ツアー、起業、シェアオフィスのご紹介まで、様々な切り口で田舎の暮らし方をご案内いたします。

また、定期的に田舎生活×木育をテーマにしたイベントを開催しています。
様々なフィールドで活躍するゲストと共に肩肘張らず語り合い、綾部での取り組みにつなげていきます。
新たなアイディアが生まれる場にぜひ遊びにいらして下さい。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

仕事、結婚、子育て、ご近所付き合いなど…
それぞれの地域で、いろんな形のある女性の生き方。

今回は、石川県奥能登の萩のゆきさん、京都市左京区花背の川勝雪貴さん、
お二人のユキさんをお招きして、移住して思うこと、地域でのご自身の活動や暮らし、
今後の起業や夢について伺います。

萩のゆきさんは東京出身で、海外生活も経験、2004年にご家族で
石川県能登半島、輪島市のまるやまという集落に移住されました。
デザイナーのお仕事と、土地に根ざした学びの場・まるやま組を主宰、
地元の生きもの調査や伝統的な暮らしを伝える活動をされています。

新たに「のがし研究所」を立上げ、能登の風土、農の風景、山の季節の
恵みを活かした和菓子づくりを通して、里山の魅力を食から発信中。

川勝雪貴さんは神戸出身で、左京区花背の木地師(木地を挽き、漆を
塗り、美しい木の器を作る職人)に嫁入り。

左京区山間部の子育て世代有志のoku京都ねっとで、地域のことを伝える
情報発信やイベントを行ったり、8月には「アートとこども」をテーマに、花背ワンダー
ランドを企画、実行委員長をされました。お仕事で移住相談員をした経験もあり、
デザイナーでもあり、田舎とまちをつなぐ仕事を模索されています。

田舎で暮らしたい、子育てに悩んでいる、起業してみたいけど…
女子に限らず、そんなあなたのご参加をお待ちしています!!

★スペシャル企画★
野草の専門家、江南先生と野草座談会
四季おりおりの里山の恵み、あらゆる山野草を食して研究

江南 和幸先生(龍谷大学名誉教授)
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180103000022
*京都新聞の「里山料理ノオト」紹介記事

【ゲスト】


のがし研究所 萩のゆきさん
http://www.7midori.org/katsudo/kouhou/kaze/meister/28/index.html
*セブンイレブン記念財団「みどりの風」より

花背ワンダーランド 林業女子会@花背 代表 川勝雪貴さん
http://hanase-wonder.jpn.org

【日時】 2018年10月13日(土)
11:00~12:30 江南先生と野草座談会
13:00~15:00 萩のゆきさん、川勝雪貴さんとお話し会

【場所】京都ペレット町家ヒノコ2階
地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩3分、寺町二条下ル)
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html

【参加費】
スペシャル企画 1,000円(ワンドリンク・試食付き)
お話し会 1,000円コース(ワンドリンク・おやつ付き)
お話し会 2,000円コース(ワンドリンク・綾部の卵かけご飯付き)
※お土産大歓迎!参加費から500円オフさせて頂きます♪

Facebookページはこちら
https://www.facebook.com/events/665552683809537/

【お申込・お問合せ】
田舎生活研究所 京都窓口 京都ペレット町家ヒノコ内
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023

お申込は、10月11日までにお名前、当日連絡の取れる電話番号等をお知らせ
ください。12日夜、13日はスペシャル企画、お話し会、どちらに参加希望かを書いてください。両方でも大歓迎です。ヒノコ市も同時開催中 https://goo.gl/7FaCgL
できるだけ事前にご予約いただけると幸いです。(枠があれば、当日参加可)

↓↓↓↓↓↓↓ 関連企画 ↓↓↓↓↓↓↓

▼▼△
「 10/12(金) 女の田舎暮らしBar~里山の魅力を伝える起業~」
△△▼
奥能登、左京区花背の里山、今回お招きするお二人のユキさんは
里山の恵みを生かして、工夫に満ちた暮らしを営んでおられます。

女性ならではの視点から、子育て、仕事、里山の暮らし、移住について、地域との関係性など、田舎生活のヒントを探るお話し会をします。

【ゲスト】
のがし研究所 萩のゆきさん
http://www.7midori.org/katsudo/kouhou/kaze/meister/28/index.html
*セブンイレブン記念財団「みどりの風」より

花背ワンダーランド 林業女子会@花背 代表 川勝雪貴さん
http://hanase-wonder.jpn.org

【日時】 2018年10月12日(金) 19:00-21:00(18:30受付開始)
※18:30~田舎生活研究所・京都窓口がある、
京都ペレット町家ヒノコのプチツアーを行います。
ペレットストーブや木の雑貨に興味のある方は必見です!

【場所】京都ペレット町家ヒノコ2階
地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩3分、寺町二条下ル
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html

【参加費】
1,000円コース(ワンドリンク・おつまみ付き)
2,000円コース(ワンドリンク・おつまみ・綾部の卵かけご飯付き)
※綾部の地酒、梅酒、栃の実が入った焼酎など色々あります♪
※持ち込みok!
※お土産大歓迎!参加費から500円オフさせて頂きます♪

■田舎生活研究所で「littleあやべ」を一緒に作りませんか?■
田舎生活研究所は、綾部への定住促進と木育の普及を目的に活動しています。
今回のイベントは、綾部というフィールドから田舎生活のモデルを作るため
「littleあやべ」と題して、様々な交流から発見を生み出していく場です。

●今後の予定●
10月19日(金)、20日(土) 「木育・森育近畿フォーラム2018」
当研究所代表 原田直紀が活動紹介をさせて頂きます! https://goo.gl/G8baMH

11月16日(金)京の働き方BAR~アントレプレナーシップのある京都の人々から学ぶ~
京都移住計画 田村篤史さん、アントレプレナーシップ開発センター 原田紀久子さん

12月14日(金) 和束BAR~シェアハウス・空き家バンク・地ビール、地域資源を
活かした暮らし、起業を学ぶ~ ゲスト:京都ビアラボ 村岸秀和さん

1月11日(金) 綾部で働くBAR~やり方次第で田舎にだって人は来る~
ゲスト:里山ゲストハウスクチュール 工忠照幸・衣里子ご夫妻

2月8日(金) 田舎コミュニティーBAR~綾部市のコミュニティーナースという挑戦~
ゲスト:綾部市 コミュニティーナース

○里山ねっと・あやべと共催
12月1日 (土)薪ボイラーお披露目会×映画「おだやかな革命」上映
ゲスト: 株式会社sonraku 井筒耕平氏
https://ayabesatoyama.net/info/notice/20181201odayakana

※このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。

リトルあやべ vol.4-1女の田舎暮らしBar~里山の魅力を伝える起業~

 

▼▼△「 10/12(金) 女の田舎暮らしBar~里山の魅力を伝える起業~」△△▼

綾部市への移住定住を目的として、昨年立ち上がった「田舎生活研究所」は、京都ペレット町家ヒノコ2階にて相談窓口を開設しました。

移住定住のご相談はもちろん、レジャー、体験イベント、ツアー、起業、シェアオフィスのご紹介まで、様々な切り口で田舎の暮らし方をご案内いたします。

また、定期的に田舎生活×木育をテーマにしたイベントを開催しています。
様々なフィールドで活躍するゲストと共に肩肘張らず語り合い、綾部での取り組みにつなげていきます。
新たなアイディアが生まれる場にぜひ遊びにいらして下さい。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

仕事、結婚、子育て、ご近所付き合いなど…
それぞれの地域で、いろんな形のある女性の生き方。

今回は、石川県奥能登の萩のゆきさん、京都市左京区花背の川勝雪貴さん、
お二人のユキさんをお招きして、移住して思うこと、地域でのご自身の活動や暮らし、
今後の起業や夢について伺います。

萩のゆきさんは東京出身で、海外生活も経験、2004年にご家族で
石川県能登半島、輪島市のまるやまという集落に移住されました。
デザイナーのお仕事と、土地に根ざした学びの場・まるやま組を主宰、
地元の生きもの調査や伝統的な暮らしを伝える活動をされています。

新たに「のがし研究所」を立上げ、能登の風土、農の風景、山の季節の
恵みを活かした和菓子づくりを通して、里山の魅力を食から発信中。

川勝雪貴さんは神戸出身で、左京区花背の木地師(木地を挽き、漆を
塗り、美しい木の器を作る職人)に嫁入り。

左京区山間部の子育て世代有志のoku京都ねっとで、地域のことを伝える
情報発信やイベントを行ったり、8月には「アートとこども」をテーマに、花背ワンダー
ランドを企画、実行委員長をされました。お仕事で移住相談員をした経験もあり、
デザイナーでもあり、田舎とまちをつなぐ仕事を模索されています。

田舎で暮らしたい、子育てに悩んでいる、起業してみたいけど…
女子に限らず、そんなあなたのご参加をお待ちしています!!

【ゲスト】


のがし研究所 萩のゆきさん
http://www.7midori.org/katsudo/kouhou/kaze/meister/28/index.html
*セブンイレブン記念財団「みどりの風」より

 


花背ワンダーランド 林業女子会@花背 代表 川勝雪貴さん
http://hanase-wonder.jpn.org

【日時】 2018年10月12日(金) 19:00-21:00(18:30受付開始)
※18:30~田舎生活研究所・京都窓口がある、
京都ペレット町家ヒノコのプチツアーを行います。
ペレットストーブや木の雑貨に興味のある方は必見です!

【場所】京都ペレット町家ヒノコ2階
地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩3分、寺町二条下ル
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html

【参加費】
1,000円コース(ワンドリンク・おつまみ付き)
2,000円コース(ワンドリンク・おつまみ・綾部の卵かけご飯付き)
※綾部の地酒、梅酒、栃の実が入った焼酎など色々あります♪
※持ち込みok!
※お土産大歓迎!参加費から500円オフさせて頂きます♪

【お申込・お問合せ】
田舎生活研究所 京都窓口 京都ペレット町家ヒノコ内
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023

お申込は、10月11日までにお名前、当日連絡の取れる電話番号等をお知らせ
ください。12日夜、13日はスペシャル企画、お話し会、どちらに参加希望かを書いてください。両方でも大歓迎です。ヒノコ市も同時開催中 https://goo.gl/7FaCgL
できるだけ事前にご予約いただけると幸いです。(枠があれば、当日参加可)

■田舎生活研究所で「littleあやべ」を一緒に作りませんか?■
田舎生活研究所は、綾部への定住促進と木育の普及を目的に活動しています。
今回のイベントは、綾部というフィールドから田舎生活のモデルを作るため
「littleあやべ」と題して、様々な交流から発見を生み出していく場です。

↓↓↓↓↓↓↓ 関連企画 ↓↓↓↓↓↓↓

▼▼△「 10/13(土)里山しごとcafe~里山暮らしの魅力~」△△▼

奥能登、左京区花背の里山、今回お招きするお二人のユキさんは
里山の恵みを生かして、工夫に満ちた暮らしを営んでおられます。

女性ならではの視点から、子育て、仕事、里山の暮らし、移住について、
地域との関係性など、田舎生活のヒントを探るお話し会をします。

★スペシャル企画★
野草の専門家、江南先生と野草座談会
四季おりおりの里山の恵み、あらゆる山野草を食して研究

江南 和幸先生(龍谷大学名誉教授)
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180103000022
*京都新聞の「里山料理ノオト」紹介記事

【日時】 2018年10月13日(土)
11:00~12:30 江南先生と野草座談会
13:00~15:00 萩のゆきさん、川勝雪貴さんとお話し会

【場所】京都ペレット町家ヒノコ2階
地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩3分、寺町二条下ル)
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html

【参加費】
スペシャル企画 1,000円(ワンドリンク・試食付き)
お話し会 1,000円コース(ワンドリンク・おやつ付き)
お話し会 2,000円コース(ワンドリンク・綾部の卵かけご飯付き)
※お土産大歓迎!参加費から500円オフさせて頂きます♪

Facebookページはこちらhttps://www.facebook.com/events/2116136868625245/

●今後の予定●
10月19日(金)、20日(土) 「木育・森育近畿フォーラム2018」
当研究所代表 原田直紀が活動紹介をさせて頂きます! https://goo.gl/G8baMH

11月16日(金)京の働き方BAR~アントレプレナーシップのある京都の人々から学ぶ~
京都移住計画 田村篤史さん、アントレプレナーシップ開発センター 原田紀久子さん

12月14日(金) 和束BAR~シェアハウス・空き家バンク・地ビール、地域資源を
活かした暮らし、起業を学ぶ~ ゲスト:京都ビアラボ 村岸秀和さん

1月11日(金) 綾部で働くBAR~やり方次第で田舎にだって人は来る~
ゲスト:里山ゲストハウスクチュール 工忠照幸・衣里子ご夫妻

2月8日(金) 田舎コミュニティーBAR~綾部市のコミュニティーナースという挑戦~
ゲスト:綾部市 コミュニティーナース

○里山ねっと・あやべと共催
12月1日 (土)薪ボイラーお披露目会×映画「おだやかな革命」上映
ゲスト: 株式会社sonraku 井筒耕平氏
https://ayabesatoyama.net/info/notice/20181201odayakana

※このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。

リトルあやべ vol.3 木育・森育BAR

こんにちは。
最近の台風や地震、各地被災された方々が心配です。
明日は我が身、防災意識を高め、いざという時に対応できるようにしたいものです。
さて、9月14日(金)に迫っております「木育・森育BAR」のゲスト紹介をさせて頂きますね!

■ゲスト1■

大宝木材株式会社 代表取締役 米地徳行さん
(NPO法人 木育フォーラム 理事長)
~アルブル木工教室も楽しく運営中~

先日、米地さんが運営されているアルブル木工教室に伺いました!
場所は、大阪のユニバーサルスタジオジャパン近くで、
昔は材木が水の上にプカプカ浮かぶ貯木エリアだったそうです。
今も材木屋さんや運送屋さんがたくさん並んでいました。

そんな工業っぽい道をトコトコ歩いていくと、可愛らしい看板を発見!!

館内に入ると木のいい匂いと、加工する音が優しく響くおしゃれ空間でした。


林業女子会@京都の木育部のメンバーと見学に伺ったのですが、素敵な木工作品や椅子、机に大興奮♪

木の特徴をわかりやすく示した図があったり…


現在開発中のおもしろおもちゃがあったり…

写真は、米地さんと講師の辻さんです。

アルブル木工教室がスタートして、もうすぐ10年。元々は、創業70年以上の木材屋さんです。日本の木材産業の衰退と共に、この付近にあった製材所も減っていき、昔は50件程あった製材所が、今では30件ほどに。そんな経済状況の中、どうやったら木をもっと知ってもらえるか!?と色々と試行錯誤され、「木のファンを作ったらもっと木が売れるのでは。」と木工教室をオープンされました。

自分たちで、壁を塗ったりして改装し、機械を揃え、仲間を集め素敵な空間が出来上がりました!今では西宮や京都など意外と遠方からのお客様が多いのだとか。

「木工教室があっても、案外自分の作りたいものを自由に作れるところが少ないんですよね。」と講師の辻さん。

アルブル木工教室さんでは、一人一人のニーズにあったものを丁寧に教えてくれ、初心者からベテランまで対応して下さいます♪

常連の生徒さんが熱心に製作過程について話して下さいました。

こんな素敵なものまで!こどもさん用に作っておられるそうです!一生ものですね。

工具も豊富♪

アルブル木工教室では、近くの小学校などで出前教室をされたり、デパートに出典されたりと木を小さな頃から体験できる活動にも熱心に取り組まれています。代表の米地さんは、NPO法人 木育フォーラム 理事長もされ、来月の10月19日(金)、20日(土)に開催される「木育・森育近畿フォーラム2018」を運営されています!(当団体の代表、原田直紀も活動紹介をさせて頂きます。)

そんなこんなで、もう一人のゲスト「クミノ工房 代表 井上慎也さん」とどんな木育・森育トークになるのかお楽しみに!

※10/19(金)-20(土)開催の「木育・森育近畿フォーラム2018」では
当研究所代表がお話させて頂きます!

▼▼△「 木育・森育Bar」△△▼
「木育」という言葉をご存知ですか?

2004年に北海道で生まれた言葉で、
その後、2006年に「森林・林業基本計画」の中で閣議決定された言葉でもあります。

今回は、この「木が好きな人を育てる活動」にご自身の生業として
取り組まれているお二人をゲストとしてお招きします!

日本の伝統技術の素晴らしさ、今の時代に合った木のお仕事、田舎で起業して暮らすこと…
同じ木育に取り組まれるお二人ですが、それぞれ全く違う場所と方法で
日々、木育に向き合っておられます。

木の香りが好き!木の家具を作ってみたい、田舎に暮らしたい…
そんなあなたのご参加をお待ちしております!

※当日参加大歓迎!!(出来るだけ事前にご予約頂けますと幸いです)※

【日時】 2018年9月14日(金) 19:00~21:00
(18:30受付開始)
※18:30~田舎生活研究所・京都窓口がある、
京都ペレット町家ヒノコのプチツアーを行います。
ペレットストーブや木の雑貨に興味のある方は必見です!

【場所】京都ペレット町家ヒノコ2階
(地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩3分、寺町二条下ル)
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html

【参加費】
1,000円コース(ワンドリンク・おつまみ付き)
2,000円コース(飲み放題・おつまみ・綾部の卵かけご飯付き)
♪綾部の地酒、梅酒、栃の実が入った焼酎がなんと飲み放題♪
※持ち込みok!
※お土産大歓迎!参加費から500円オフさせて頂きます♪

【ゲスト】
●大宝木材株式会社 代表取締役 米地徳行さん
(NPO法人 木育フォーラム 理事長)
~アルブル木工教室も楽しく運営中~
詳しくはこちら
※10/19(金)-20(土)開催の「木育・森育近畿フォーラム2018」では
当研究所代表がお話させて頂きます!

●クミノ工房 代表 井上慎也さん
~木組の積み木は好評発売中~
詳しくはこちら
※当研究所のオリジナル積み木もコラボ製作しましたよ!

【お申込・お問合せ】
田舎生活研究所 京都窓口 京都ペレット町家ヒノコ内
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023
※お申込は、お名前、当日連絡の取れるお電話番号をお知らせ下さい。
※【締め切り】9月12日まで
※当日参加大歓迎!!(出来るだけ事前にご予約頂けますと幸いです)

●今後の予定●
10月12日(金)13日(土) 女性×里山資源の起業BAR
ゲスト:のがし研究所 萩のゆきさん、花背ワンダーランド 川勝雪貴さん

10月19日(金)、20日(土) 「木育・森育近畿フォーラム2018」
当研究所代表 原田直紀が活動紹介をさせて頂きます!

11月16日(金)移住×起業家教育BAR
京都移住計画 田村篤史さん
アントレプレナーシップ開発センター 原田紀久子さん

12月14日(金) 起業BAR
ゲスト:京都ビアラボ 村岸秀和さん(シェアハウス・空き家バンク・地ビール)

12月1日 (土)薪ボイラー設置お披露目会×映画「おだやかな革命」上映
ゲスト: 株式会社sonraku 井筒耕平氏

 

【田舎生活研究所で「littleあやべ」を一緒に作りませんか?】


田舎生活研究所は、綾部への定住促進と木育の普及を目的に活動しています。
今回のイベントは、綾部というフィールドから田舎生活のモデルを作るため
「littleあやべ」と題して様々な交流から発見を生み出していく場です。

このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。

 

9/14(金) 木育・森育Bar を開催します!

 

綾部市への移住定住を目的として、昨年立ち上がった「田舎生活研究所」
は、京都ペレット町家ヒノコ2階にて相談窓口を開設しました。
移住定住のご相談はもちろん、レジャー、体験イベント、ツアー、起業、シェア
オフィスのご紹介まで、様々な切り口で田舎の暮らし方をご案内いたします。

また、定期的に田舎生活×木育をテーマにしたイベントを開催しています。
様々なフィールドで活躍するゲストと共に肩肘張らず語り合い、
綾部での取り組みにつなげていきます。
新たなアイディアが生まれる場にぜひ遊びにいらして下さい。

▼▼△「 木育・森育Bar」△△▼
「木育」という言葉をご存知ですか?

2004年に北海道で生まれた言葉で、
その後、2006年に「森林・林業基本計画」の中で閣議決定された言葉でもあります。

今回は、この「木が好きな人を育てる活動」にご自身の生業として
取り組まれているお二人をゲストとしてお招きします!

日本の伝統技術の素晴らしさ、今の時代に合った木のお仕事、田舎で起業して暮らすこと…
同じ木育に取り組まれるお二人ですが、それぞれ全く違う場所と方法で
日々、木育に向き合っておられます。

木の香りが好き!木の家具を作ってみたい、田舎に暮らしたい…
そんなあなたのご参加をお待ちしております!

※当日参加大歓迎!!(出来るだけ事前にご予約頂けますと幸いです)※

【日時】 2018年9月14日(金) 19:00~21:00
(18:30受付開始)
※18:30~田舎生活研究所・京都窓口がある、
京都ペレット町家ヒノコのプチツアーを行います。
ペレットストーブや木の雑貨に興味のある方は必見です!

【場所】京都ペレット町家ヒノコ2階
(地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩3分、寺町二条下ル)
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html

【参加費】
1,000円コース(ワンドリンク・おつまみ付き)
2,000円コース(飲み放題・おつまみ・綾部の卵かけご飯付き)
♪綾部の地酒、梅酒、栃の実が入った焼酎がなんと飲み放題♪
※持ち込みok!
※お土産大歓迎!参加費から500円オフさせて頂きます♪

【ゲスト】
●大宝木材株式会社 代表取締役 米地徳行さん
(NPO法人 木育フォーラム 理事長)
~アルブル木工教室も楽しく運営中~
詳しくはこちら→https://www.e-arbre.com/
※10/19(金)-20(土)開催の「木育・森育近畿フォーラム2018」では
当研究所代表がお話させて頂きます!

●クミノ工房 代表 井上慎也さん
~木組の積み木は好評発売中~
詳しくはこちら→http://KUMINO.jp
※当研究所のオリジナル積み木もコラボ製作しましたよ!

【お申込・お問合せ】
田舎生活研究所 京都窓口 京都ペレット町家ヒノコ内
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023
※お申込は、お名前、当日連絡の取れるお電話番号をお知らせ下さい。
※【締め切り】9月12日まで
※当日参加大歓迎!!(出来るだけ事前にご予約頂けますと幸いです)

●今後の予定●
10月12日(金)13日(土) 女性×里山資源の起業BAR
ゲスト:のがし研究所 萩のゆきさん、花背ワンダーランド 川勝雪貴さん

10月19日(金)、20日(土) 「木育・森育近畿フォーラム2018」
当研究所代表 原田直紀が活動紹介をさせて頂きます!
詳しくはこちら→https://goo.gl/G8baMH

11月16日(金)移住×起業家教育BAR
京都移住計画 田村篤史さん
アントレプレナーシップ開発センター 原田紀久子さん

12月14日(金) 起業BAR
ゲスト:京都ビアラボ 村岸秀和さん(シェアハウス・空き家バンク・地ビール)

○こちらは綾部市内で行われるイベントの予定です!
8月13日(月)~19日(日)10~17時
木育フェア@高津マルシェ パティシエ・ノリ

12月1日 (土)薪ボイラー設置お披露目会×映画「おだやかな革命」上映
ゲスト: 株式会社sonraku 井筒耕平氏

 

【田舎生活研究所で「littleあやべ」を一緒に作りませんか?】


田舎生活研究所は、綾部への定住促進と木育の普及を目的に活動しています。
今回のイベントは、綾部というフィールドから田舎生活のモデルを作るため
「littleあやべ」と題して様々な交流から発見を生み出していく場です。

このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。

リトルあやべ vol.2 京の製材所Bar

綾部市への移住定住を目的として、昨年立ち上がった「田舎生活研究所」
は、京都ペレット町家ヒノコ2階にて相談窓口を開設しました。
移住定住のご相談はもちろん、レジャー、体験イベント、ツアー、起業、シェア
オフィスのご紹介まで、様々な切り口で田舎の暮らし方をご案内いたします。

また、定期的に田舎生活×木育をテーマにしたイベントを開催しています。
様々なフィールドで活躍するゲストと共に肩肘張らず語り合い、
綾部での取り組みにつなげていきます。
新たなアイディアが生まれる場にぜひ遊びにいらして下さい。

▼▼△「 京の製材所Bar」△△▼
京都の山と街をつなぐ重要な場所「製材所」。
どんなお仕事をしているかご存知ですか?

家を造るにも、家具を作るにも、木工雑貨を作るにも、
山から木を伐り出し、丸太からつくるのは大変です。
そこで、板や角材に加工するのが製材所のお仕事です。

そんな縁の下の力持ち、知られざる製材所のお仕事の話や今後の夢を
ゲストから伺いながら、広い視野で木のある暮らしを考えてみませんか?
そして、お酒を交わしながら参加者同士で交流し、木育や田舎生活の
可能性を語り合いましょう!

木の家を建ててみたい、一枚板のテーブルが欲しい、木工に興味がある、
田舎で木の仕事がしたい、製材所や山仕事に興味がある…
そんなあなたのご参加をお待ちしています!

【日時】 2018年8月10日(金) 19:00~21:00
(18:30受付開始)
※18:30~田舎生活研究所・京都窓口がある、
京都ペレット町家ヒノコのプチツアーを行います。
ペレットストーブや木の雑貨に興味のある方は必見です!

【場所】京都ペレット町家ヒノコ2階
(地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩3分、寺町二条下ル)
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html

【参加費】
1,000円コース(ワンドリンク・おつまみ付き)
2,000円コース(飲み放題・おつまみ付き)
※綾部の地酒、梅酒、栃の実が入った焼酎がなんと飲み放題!!

【内容】
・株式会社丸萬 和田良威さんのお話
http://www.maruman-kyoto.com/index.html
・三浦製材株式会社 三浦享浩さんのお話
http://www.miura-mutenka.jp/
・かんぱい!参加者同士で交流会♪

【お申込・お問合せ】
田舎生活研究所
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023
※お申込は、お名前、当日連絡の取れるお電話番号をお知らせ下さい。

■田舎生活研究所で「littleあやべ」を一緒に作りませんか?■
田舎生活研究所は、綾部への定住促進と木育の普及を目的に活動しています。
今回のイベントは、綾部というフィールドから田舎生活のモデルを作るため
「littleあやべ」と題して、様々な交流から発見を生み出していく場です。

●今後の予定●
9月14日(金) 木育BAR
ゲスト:大宝木材株式会社 米地徳行さん(近畿木育・森育フォーラム実行委員長)
クミノ工房 井上 慎也さん

10月12日(金)13日(土) 女性×里山資源の起業BAR Wユキトーク
ゲスト:のがし研究所 萩のゆきさん、花背ワンダーランド 川勝雪貴さん

11月16日(金)移住×起業家教育BAR
京都移住計画 田村篤史さん
アントレプレナーシップ開発センター 原田紀久子さん

12月14日(金) 起業BAR
ゲスト:京都ビアラボ 村岸秀和さん(シェアハウス・空き家バンク・地ビール)

○こちらは綾部市内で行われるイベントの予定です!
8月13日(月)~19日(日)10~17時
木育フェア@高津マルシェ パティシエ・ノリ

11月頃 薪ボイラー設置お披露目会×映画「おだやかな革命」上映
ゲスト: 株式会社sonraku 井筒耕平氏

※このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。

 

 

リトルあやべ vol.1-2 木のある街づくり茶話会 

木を活かした街づくり茶話会

Presented by 田舎生活研究所 木育部

 

【日時】 2018年7月14日(土) 13:30-15:00
(13:00受付開始)

【場所】 田舎生活研究所 京都窓口

〒604-0931
京都市中京区寺町通二条下ル榎木町98番地7
京都ペレット町家ヒノコ2階
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
URL:http://hibana.co.jp/kyoto-pellet
instagram:https://www.instagram.com/inakaseikatsu.ayabe/

【参加費】 1000円(春風さんのオーガニックコーヒー・綾部のお菓子付き)

    ※ワンドリンク500円で当日ふらっと参加も大歓迎!!

 

 

【テーマ】

あやべ×木育×○○!

長野・佐久市
建築・街づくり
銘木屋・わかもん・起業・Uターン

 

【内容】

(1)佐久市に行って来た話(by 田舎生活研究所 木育部)

(2)ゲストスピーカーと京都の●●●とのお話(※調整中)

(3)みんなで茶話会

 

【ゲストスピ―カー】

柳沢洋介さん

柳澤洋介建築研究所 所長・一級建築士
京都建築専門学校 伝統建築研究科 出身
野沢南高等学校 出身
長野県 佐久市出身
長野県 佐久市在住
Facebookページはこちら

地域からの大きな応援が1位を取るきっかけに

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の冬、田舎生活研究所メンバーは長野県佐久市を訪れた。なぜ、佐久に行ったかというと、空き家バンク契約数全国1位(2014年度)の実績を持つ町だからだ。信州の広大な浅間山が見える町は、自然の雄大さを感じる土地だった。東京から新幹線で1時間半程で行ける佐久市は、様々な面で暮らしやすそうな街だった。

そこで生まれ育ったのが、柳沢さんだ。家業はお父さんが一代で築き上げた銘木屋。特殊な加工を持ち味にした床柱は、京都からの引き合いなどもある程だった。その影響もあってか、柳沢さんは、建築を勉強しに、京都の専門学校へ入学する。数寄屋建築を学びたいという想いで、在学中を過ごし、同市内で就職もした。そんなこととは知らず、シェアオフィスとゲストハウスに訪れた私達は、メンバーの中に材木屋もいる関係で、ご実家にお邪魔することが出来た。今は、お兄さんが跡を継がれ、テーブルや椅子など重厚感のある家具も受注製作されていた。

また、柳沢さんは一般社団法人長野県建築士会佐久支部にも所属され、平成29年12月8日に京都市勧業館みやこめっせで行われた、「第60回 建築士会 全国大会 京都大会」にて、「地域実践活動表彰 最優秀賞」を受賞されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回はそんな柳沢さんと建築を切り口に、木のある街づくりについてざっくばらんに話していきます!建築の視点から京都市と佐久市はどう違う?

田舎でビジネスってどんな感じ?佐久市と京都の銘木屋さんって?などなど、ねほり、はほり、聞いていっちゃいましょ~う♪

 

【ゲストスピ―カー2】

高橋勝さん

(高橋勝建築設計事務所 代表)
京都で開催された育樹祭からスタートした「ヤマケン」
にて地域産材を利用した木のテントを中心に勢力的に活躍されている。

ご興味を持たれた方はぜひ、田舎生活研究所へ一度足を運んでみて下さいね。

「ヤマケン」について詳しくはこちら

高橋さんのFacebookはこちら

 

田舎生活研究所とは?

田舎暮らしの魅力は、それを求める人それぞれに違います。田舎暮らし研究所では、「田舎に住む」「自然と暮らす」という方の夢を実現するための、多面的な入口をご用意致しております。遊び、感じ、学び、育み、働く。持続可能で、心豊かに安心して暮らすために必要な考え方や、体験をぜひ深めて下さい。

 

田舎生活研究所で、littleあやべを一緒に作りませんか?

京都府のほぼ真ん中に位置する綾部市は、森林面積が77%を誇る森の京都です。この自然豊かな土地の持つ力でしょうか?昔からグンゼ運動のように、地域を自分たちで底上げして行こうとする気質を、そこかしこで感じます。Iターン、Uターンと世間が気付き始める以前から、綾部市

 

では、市を上げて移住定住に向けて様々な取り組みを行ってきました。

そして、今では、塩見直紀さん、若杉友子さんを筆頭に、素晴らしい人材が綾部を拠点として活躍の幅を広げています。

そんな田舎生活のモデルとなっている綾部ですが、時代は急速に変化しています。

これからの時代にはどんな綾部になっていく必要があるのでしょうか。

そこで私たち田舎生活研究所は、「little あやべ」を作りました。

「little あやべ」は未来の綾部を新たな視点で探して行こう、作っていこうとする場です。

みなさんで面白い、綾部の発掘し、魅力を作っていきませんか?

そして、綾部はもちろん、あなたの周りの田舎でその発見を元に展開していきましょう。

「little ○ ○ ○」が広がる面白い地域の増加が、きっと面白い未来を作っていくはずだから。

ご興味を持たれた方はぜひ、田舎生活研究所へ一度足を運んでみて下さいね。

 

 

【これからの予定】

littleあやべでは、2018年度「移住×起業×木育」をテーマに、交流出来るCafeやBarをオープンします。

詳しくはその都度ホームページやFacebookページなどにアップします。

!要チェック!

田舎生活研究所 京都窓口

〒604-0931
京都市中京区寺町通二条下ル榎木町98番地7
京都ペレット町家ヒノコ2階
tel:075-241-6038 fax:075-741-8023
mail:inakaseikatsu.ayabe@gmail.com
URL:http://hibana.co.jp/kyoto-pellet
instagram:https://www.instagram.com/inakaseikatsu.ayabe/

このイベントは「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」を活用しています。

お問い合わせ